バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック/シルデナフィル効果をジェネリックで実感

バイアグラジェネリック

バイアグラ/バイアグラジェネリックは世界120カ国以上で承認され広く普及しており、世界で3500万人の男性が使用しているed治療薬の東の横綱ともいえる存在なんです。

 

バイアグラはアメリカのファイザー社によって開発され、1998年3月同国で承認されました。

 

ちなみに、日本では、1999年3月に日本ファイザー社から発売が開始されました。

 

 

ファイザー社の資料によると、世界中で1秒間に6錠のバイアグラが処方されていると推計されているそうですから、物凄いベストセラーですよね。

 

このバイアグラも、最初からED治療薬として開発されたのではなく、狭心症の薬としての開発からスタートしたんです。

 

薬の効果を確認するために服用を依頼していた試検者からなかなか残りの薬が返却されなかったため、問い質したところ勃起作用の報告があったため、改めてED治療薬として開発をしたという経過があるんですね。

 

バイアグラ/バイアグラジェネリックは、PDE-5阻害剤と呼ばれるED治療薬で、勃起の持続力を促すために、 陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑える効果があるんです。

 

バイアグラ/バイアグラジェネリックと同じPDE-5阻害剤にはレビトラとシアリスがあります。

 

バイアグラ/バイアグラジェネリックを購入する方法として、個人輸入代行業者からインターネット通販を利用して購入する方が非常に多くなってきています。

 

ここで問題になるのが、個人輸入品のバイアグラには偽造品(ニセモノ)が多いということで、 日本ファイザー社の実態調査によると個人輸入の80%が偽造品(ニセモノ)という調査結果が出ているというから驚きですよね。

 

偽造品(ニセモノ)は外見だけで真贋を見分けることはできないほど精巧に作られており、どこで製造されたものかがまったく不明で、製品の製造過程が劣悪な環境であることが多く、 健康被害のおそれがあることから日本ファイザー社も偽バイアグラに注意を喚起しています。

 

世界中の男性が使っているバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方は次のページから詳しく説明していますのでご覧ください

バイアグラジェネリック・副作用

バイアグラ/バイアグラジェネリックの副作用でよく言われているのは、「顔のほてり」や「動悸」「目がちかちかする」などです。

 

この症状は、バイアグラ/バイアグラジェネリックにペニスの海綿体に血液を送る作用があるという同じ理由から、他の毛細血管にも血液が流れるという事になり、その結果としてお酒を飲んだ時のように顔がほてったり動悸がしたりするんですね。

 

普通の健康な人であれば、あえて気にする事もない副作用と言えます。

 

あまりあることではないと思いますが、、バイアグラジェネリックを服用後勃起が4時間以上続く場合は、すぐに医師の診断を受けましょう。

 

そのままにしておくと、ペニスを傷つけセックスが出来なくなる可能性があります。

 

 

セックス自体が心臓に負担をかける行為なので、バイアグラ/バイアグラジェネリックをを使用する前に、健康状態について医師とよく相談をすることは必要だと思います。

 

今まで狭心症と診断されたことが無い人でも、セックスの最中に狭心症の発作を起こすことがあります。

 

このような場合、一般的に狭心症の発作の治療によく用いられている硝酸薬が使用できない場合が出てくる可能性があるからです。

 

バイアグラ/バイアグラジェネリックを使用する場合は、少し恥ずかしさはあるかもしれませんが、パートナーや家族にバイアグラ/バイアグラジェネリックを服用している事を伝えておいた方が無難でしょう。。

 

副作用ではありませんが、狭心症の薬であるニトログリセリンなどの硝酸剤を服用している方は、バイアグラ/バイアグラジェネリックを併用すると、血圧が急激に低下して、最悪は死に至る危険性があるので、絶対に服用してはいけません。

 

硝酸剤には飲み薬のほかにも、舌下錠、塗り薬、貼り薬、注射、吸入剤などがありますので、注意が必要です。

 

硝酸剤との飲み合わせに注意すれば副作用の少ないバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

バイアグラジェネリック・特徴

バイアグラジェネリックのようなジェネリック医薬品とは、「後発薬」とも呼ばれるように、いわゆる「新薬」の特許期限が切れた薬を名前を変えて製造したものを言います。

 

「新薬」は莫大な研究費用(300億円以上)と膨大な時間(約9-17年)をかけて開発されるので、それらの経費が当然薬の価格にも反映されるため割高になってしまうんです。

 

その点、新薬のノウハウが既に存在するバイアグラジェネリック薬品は、新薬ほど経費を掛けなくても製造できるため、販売価格を安くすることが出来るんです。

 

2014年から、国内においてもバイアグラジェネリックの生産が解禁になりましたが、価格が1000円以上するため、ジェネリックのメリットをあまり感じていないという人のいます。

 

その点、従来からジェネリックを製造していたインドは、国を挙げて製薬会社をバックアップしており、安全面からいっても信頼性は高いと言えますし、日本製のバイアグラジェネリックより価格的に安く供給されています。

 

 

インドが低価格でジェネリックを製造する事で、アフリカなどの貧しい国の医療に大いに貢献しており、もしインドで薬が作れない場合は、インドから薬を輸入している国の医療制度自体が破たんしてしまうくらいの影響力を持っているんです。

 

「国境なき医師団」が使用している医薬品のほとんどは、インド製のジェネリック薬であり、発展途上国の医療支援には欠かすことの出来ないものになっているんですね。

 

ただ、インターネット通販において問題が発生しています。

 

それは、偽造品(ニセモノ)が多量に流通している事なんです。

 

インド国内には劣悪な環境で「ニセモノ」のジェネリック医薬品を作っている工場が沢山あり、悪徳業者がその薬を安く販売して利益を得ている実態があるんです。

 

このような悪徳な個人輸入代行業者からは購入しないように、インターネット通販では気を付けなければなりません。

 

極端に金額を低く設定している業者や、クレジットカードの使用が出来ない業者などは要注意です。

 

インターネット通販は「自己責任」が大原則なので、複数のサイトを比較してみるなどして、「正規品」を扱っている業者を見極める目を養うことが大事ではないでしょうか。

 

インターネット通販ではニセモノに注意して正規品を手に入れたいバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらからお入りください

バイアグラジェネリック・バイアグラ

バイアグラの概要を説明します。

 

バイアグラは米国ファイザー社が1998年に開発したed治療薬です。

 

現在では世界中で生産されており、3か月で300億円と史上最高の売上げを記録し、わずか1年足らずで約50か国で認可されました。

 

日本の薬事法では、外国の薬を自分が使う1か月分程度購入することは禁じていないため、個人輸入の横行や、代行業者が輸入販売を行うといった事態が生じ、問題視した厚生労働省が平成11年1月に医療用医薬品として承認し、同年3月より国内販売が開始されました。

 

服用には医師の処方箋が必要であり、また医療保険は適用されません。

 

バイアグラの錠剤は、青色で菱形をしているのが特徴で、中身は白い薬剤です。

 

バイアグラジェネリック

 

 

現在バイアグラの規格は25mgと50mgの二種類が国内で承認を得ていますが、国外では100mgまで許可が出ています。

 

バイアグラは血流を改善し、勃起を促進するための薬ですので、媚薬や精力剤のようなものとは異なります。

 

人間の体内には勃起を抑制する酸素がありますが、この酸素が優勢なままだと勃起不全になるといわれています。

 

バイアグラに含まれるクエン酸シルデナフィルには、この酸素のの働きを弱めることで勃起を促進し、その際に興奮を脳で感じて陰茎に支持を出す効果があるんです。

 

バイアグラの発売当初には、併用禁忌薬の硝酸剤などの知識不足から、容量用法を守らず服用し心肺停止の事例もありました。

 

そのため、「バイアグラを飲むと、心臓発作で死んでしまう」などと言う根拠のない噂が広まった時期もありました。

 

今では、用法用量を守れば副作用も少なく、ed治療には効果があることが世界中で認められるようになりました。

 

正しい知識で最大限の効果を発揮するバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

バイアグラジェネリック・飲み方

バイアグラジェネリックの飲み方を理解していないために、「バイアグラジェネリックを飲んだけど、あまり効果を感じられないという方が結構います。

 

最も効果のある「飲み方」は「胃の中に食物が入っていない状態で服用する」事なんです。

 

胃の中が空っぽの状態で服用することによって、胃の毛細血管から血液中にバイアグラジェネリックの成分が吸収され易くなります。

 

よく、「すきっ腹にお酒を飲むと、すぐに酔いが回る」と言いますが、同じ理屈で空腹時にはアルコールの吸収が良くなるからなんです。

 

一般的に、食事を摂ってから2時間以上経過すれば食べた物は胃から腸に移動して、胃の中には何も残っていない状態になると言われています。

 

なので、2時間経過した後の服用ならバイアグラの効果が100%発揮されるだろうと思いがちですが、脂分の多い食事をした場合などは、消化に時間がかかり、さらに胃の粘膜に脂の層が出来ているので、成分であるクエン酸シルデナフィルの吸収に時間がかかってしまい、効果を感じられなくなってしまうんです。

 

以上のことを考えると、夕食の前の空腹時にバイアグラジェネリックを服用すれば、最も効果を発揮するはずなんですね。

 

以上のことを実践したうえで、空腹状態でセックスはしたくないと思われる方もいらっしゃると思いますが、その場合は空腹時にバイアグラジェネリックを服用し、最低でも30分以上経過してから食事をして下さい。

 

 

血液中に完全にバイアグラジェネリックの成分が吸収された後であれば、食事の影響はほとんど受けませんので、安心して食事が出来るという訳です。

 

ただし、バイアグラジェネリックは、飲んでから4〜5時間は効くとはいえ、効き目がマックスになるのは服用後1〜2時間経過した後ですから、食後あまりゆったり構えていると薬の効果がすこしづつ薄れてしまいます。

 

効果が最大限になる時にベッドインできるように、事前に計画しておくことが大事だと思います。

 

空腹時に服用する事で100%の効果を発揮するバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

バイアグラジェネリック・PDE5阻害薬

バイアグラジェネリックの成分である「シルデナフィル」はレビトラの成分「バルデナフィル」シアリスの成分「タダラフィル」とともにPDE5阻害薬と呼ばれています。

 

PDE5 (ホスホジエステラーゼ5)とは、ペニスの中に豊富に存在している物質で、勃起を促す働きをする細胞内セカンドメッセンジャー、サイクリックGMP (cGMP)を分解してしまう働きをする酵素なんです。

 

cGMPは、ペニスの海綿体平滑筋に多くみられる一酸化窒素の細胞内のメッセンジャー分子です。

 

cGMPは増加する事によって血管拡張物質である一酸化窒素の効果を増大させて、 ペニスの海綿体平滑筋を弛緩拡張させて、 勃起の最初のアクションである海綿体への動脈からの血液流入増加を発生させて、 ペニスを硬く勃起させるんですね。

 

このように勃起にとって大変重要な役目をしているcGMPを分解してしまうPDE5の働きを阻害(じゃまをする)働きをするのがバイアグラジェネリックなどの「PDE5 阻害薬」なんです。

 

つまりPDE5阻害薬はcGMPの濃度を高める事によって勃起を促す薬なんです。

 

PDE5の他に、サイクリックAMP( cAMP)を主に分解するPDE3と言う酵素もあるんです。

 

PDE3阻害薬もあり、働きはcAMPを増加することにより心臓の陽性変力作用を発現させ、 強心薬として機能します。

 

血管拡張作用や運動耐用能増加作用も有しており、 有用性の高い薬剤として循環器領域に広く用いられているんです。

 

PDE阻害薬であるバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください


ホーム RSS購読 サイトマップ